仙台市青葉区仙台トラストシティ南西に隣接している、内科・皮膚科・美容皮膚科・アレルギー科・消化器内科・外科・整形外科・麻酔科のクリニックです。

美肌治療について

自由診療

一番町南診療所 あかねクリニックでは、患者様のご要望にそって、治療の効果と日常生活に支障をきたさないようなバランスを考慮して、最も治療効果があがるように考えて治療をおこなっております。スキンケアに加えて、最新の美肌治療機器を導入し、光治療とレーザーによる主にしみを中心とする色素系のスキントラブルやしわを改善し、美肌をめざしていく治療をおこなっております。
導入している美肌治療は、パルスライト照射による熱エネルギー、RF(高周波)、およびレーザーを利用し、光老化によるシミ・ソバカスやくすみ、血管拡張による肌の赤み、その他肌の老化現象を、複数回の治療でダウンタイムなしに改善させることを目的とした治療です。
また、肝斑のレーザートーニングもおこなっています。
豊富な皮膚科専門医としての臨床実績のもとにおこなわれる美容皮膚診療をご希望の方は、ご相談されてみてください。
※上記診療については、保険診療の対象外ですので全額自己負担となります。
概ね1回1.5万円〜10万円程度の治療費がかかります。

Trinity治療

Trinityロゴです

「トリニティ」とは、RF治療器「e-max」を用いて、3つのアプリケーションで行うコンビネーション治療です。

の機能を組み合わせることで、複合的な肌トラブルに対し、1つの治療器で総合的な改善が可能です。

QスイッチYAGレーザーによるシミ・アザ治療

当院では、皮膚のメラニン色素異常に対するレーザー治療を行っております。

レーザー治療とは
しみ、茶あざ、黒あざは皮膚の中にあるメラニンが異常に増殖していて、その部分を皮膚表面から見ると茶色や黒色に見える病気です。 レーザー治療は、色による光の吸収の違いと1億分の数秒の間に数メガワットという強い光の熱作用を利用し、しみ、あざの原因であるメラニンを壊します。
今まで適切な治療法がなくあきらめていたしみ、あざを、レーザーで安全に治療できるようになりました。

レーザートーニング治療

Laser Toningのロゴです。

レーザートーニングとは、QスイッチYAG レーザー(MedLite C6)による肝斑の新しい治療法です。
これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、非常に注目されています。
肝斑のほかにも、ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

  • 美肌治療について
  • 女性の皆様へ
  • 一番町南診療所 内科・循環器内科
  • 一番町南診療所 Building
  • facebook  あかねクリニック 公式ページ

▲ ページの先頭へ